家族 LINEのやり取りで、注意するべきこと


こんにちは 友見です。
 
今日は、家族間のLINEの使い方で、絶対に押さえておくべき重要な
上手なLINEコミュニケーションの方法についてお伝えします。
 

無料で使えるLINEは、私たちの日常生活でも増加傾向にあり、
就職やアルバイトの申し込みや、その他、どんな事でもLINEが活用される時代になっています。

意外と多いLINEで家族の運気を下げるメッセージを送る人
LINEは、「便利ツール」という認識から、運気アップ「仲良くなるためのツール」
そう捉えるだけでも家族仲良くなるか?否かが決まります。
    
とっても便利なLINEなので、今は家族でも活用している人は多いと思います。
でも、使い方を間違えると大切な家族を傷つけてしまったり、仲悪くなってしまうことがあるので
家族関係を良好にするために押さえておいていただきたい内容です。
  
このことを注意して使うだけで、家族関係が良好になるだけでなく
家族・親族 みんなの運気が上がります。

目次

LINEは、家族が笑顔になる情報を送信する

LINEの家族のグループの目的は、そもそも情報共有することだったのかもしれません。




ただ、どこからそこまでの情報を送ったらいいのか?
人によって、伝えておきたい内容が違ってきます。

こんな人は、いませんか?

「○○さんのお隣のおじいちゃんが亡くなったよ。」
「〇〇さんの子供のお友達がね・・・」
  
「家族だから、何でも、どんな事も知っておいてほしい!」
そんな思いから、相手の状態も考えずにバンバン送ってくる人。
   
それは、NGです。
  
悲しみを共有することで、送った人は楽になるかもしれませんが、
     
家族だからこそ、他人以上に気を使う必要があると私は思っています。
   
悪いニュースは、聞いた人の波動を下げてしまうからです。
どんな知らない人であっても、可哀想という感情が湧いたり暗い気持ちになるものです。
      
メールなどは、そんな気持ちにならないのですが
LINEは、ダイレクトに心に入ってきます。
   
例えてみますと、  
メールは、服を着た状態で受け取れるのに対して
ラインは、裸の状態でそのまま受け取ってまう傾向があります。
  
土足で入ってこられた感覚でしょうか?
   
良い情報は、幸福度がアップします。
運気も上げることになります。
   
LINEは、楽しく笑顔になるものである!



   
そう、家族が共通認識するだけで、そのグループラインは
楽しい事で、いっぱいになります。
  

みんなで、開運間違いなしです。

悪い情報は、ラインメッセージでなく顔を見て話す

良いことだけしかラインを送れないのなら、いつ?
悪い情報を送ってもいいのですか?
  
そんな人にお答えしているのは
 

「急いで知らせることで、誰かが救われる? 
 緊急性がないのに、悪い情報を送らないこと」
   
それを基本にされると良いですね。

誰かが、救われるなら送ってOK。
みんな助けたい気持ちを持っていますからね。

それ以外は、LINEで、会う約束をしたらいいのです。
実際に会えない場合は、今は離れていても無料で顔見て話ができるアプリが沢山あります。
   
LINEは、日時を約束をするだけにします。
  
顔を見れれば、相手がどんな状態なのかがわかります。
  
この時代、どんな人も、どんな笑顔で元気そうに見えても
何かしらの悩みを抱えて生きています。
 
ずっと良い状態ではありません。
  
相手の状態を配慮しながら、お話をすることができます。
   


 
みんな今の時代は苦しいのです。

いかに、楽しい情報を伝え合って
楽しい○○家にしたいですね。


いつも応援しています。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

(コミュニケーション講師/ビジネスコンサルタント)
コミュニケーションの課題解決には「自分自身・人・環境」との3つの対話が大切だとする「3Cコミュニケーション」を開発。コミュニケーションを円滑にし、夢や目標もかなえる「夢マップ」を使った講座は大人から子どもまで好評を博す。

目次